学生でもキャッシングできる!

まず一番知りたいことを端的にお答えすると、

 

 

学生でもキャッシングすることは可能!


ということなんです。もちろん無担保のローンなので収入のない方・未成年には申し込みできないので以下のような条件があります。

  • アルバイト・パートなどで安定収入があること
  • 20歳以上であること

まず学生ならお金持ちのボンボンでない限りアルバイトはしていますよね。そもそもお金を借りたい方はボンボンではないはずなので第一の条件はクリア。あとは20歳以上であることですよね。大学生は18歳からなのに

 

 

日本の法律上20歳からと言うものが多く存在しますのでこればっかりは仕方ないですね。


但し、20歳以下でも借りれないと言う訳ではありません。

親の同意書があれば審査可能になっています。

学費の為のキャッシングなら親も同意してくれるでしょうが、遊び代なら説得するのは難しいでしょうが、そこは親との交渉次第になります。その場合はまず申込んでおいて、親を説得して同意書を後で提出すれば審査も早く済みますよ。

 

しかし現状は怪しい学生ローン業者しか20歳以下での申込は受け付けていませんので、安心して借りたいのであれば20歳以上である必要があります。

学生でもキャッシングできるところ

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円
モビット

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

学生にもあるキャッシングしなければいけない事情

最近では、学生であってもアルバイトなどで収入があれば利用できるキャッシング業者が増えています。

 

かつては、返済能力や社会的倫理などの理由から学生の利用を制限している業者も多かったのですが、法改正の影響による業界全体の再編ということから、生き残りの道を模索するうえで学生にも広く門戸を開いているところが少なくありません。

 

また、学生側から見ても、この動きはある意味で歓迎すべき部分であり、それはとりもなおさず学生側にも、いわゆる消費者金融と呼ばれる業者を利用しなければならない事情というものがあるためです。

 

学生の事情といえば、やはり「時間はあってもお金がない」というものでしょう。特に遊興費の捻出については、多くの学生が頭を悩ませているところではないでしょうか?

 

アルバイトに時間を費やせばその分収入は増えるものの、そうなると今度は遊ぶ時間がありません。遊ぶことばかり考えているわけではないものの、それでも学生にとってこれは切実な悩みであるのもまた事実です。そんなお金を借りたい学生に便利なのが、消費者金融の利用なのですが、特にアコムとプロミスは高い人気があります。

 

このうち、プロミスは業界再編以前から学生への融資を行ってきた実績があり、アコムもまた、高い信頼性と安定性から多くの利用者が存在します。いずれも専用の自動契約機とATMを持っていますので、身分証明書と一定の収入があれば利用を申し込むことができます。

 

なお、いずれの業者も、学生に対しては融資限度額に一定の制限を設けており、極度額まで利用することはできないものの、それでも短時間でまとまったお金を得ることができるのは学生にとって大きなメリットであるといえるでしょう。

 

ただし、学生の場合はどうしても自制が難しい場合が多く、そのため本人の知らないうちに多重債務に陥ってしまう可能性もあります。プロミスやアコムといった業者では、こうした状況を未然に防ぐために、返済計画の相談なども随時行っていますので、こうしたサービスもぜひ利用したいところです。

学生は親にバレずにキャッシングで借りる事ができるのか?

学生が申込める条件は既に説明した通り、

 

 

  • 年齢満20歳以上であること
  • アルバイト等で安定収入があること

です。これはカードローン業者が申込者に対して継続して返済していく能力があるかどうかを見ています。学生の場合も同様なので、このの要素の中に学生の保護者(両親)を審査している要素は何もありません

 

もちろん申し込みの際に両親の名前を記載する項目もありませんし、保証人とする必要もないのです。ですので、

 

 

基本親にバレる要素は申込では皆無です。


ただやはり契約した後の処理はきっちりしといた方がいいでしょう。例えば、

 

 

  • 後で送られてくるローンカード
  • 利用した際に送られてくる利用明細

などの郵送物は一人暮らしの学生なら問題ないでしょうが、親と同居している場合はそういうところからバレる場合もあります

 

対策としてはネット申込後に自動契約機にカードを発行しに行き、ローンカードが郵送されないようにするとか、利用明細はWEB明細にするとかの対処方法でこれらは未然に防ぐ事ができます。

 

上記で示した大手消費者金融であればどの業者もこの対処ができるサービスがありますので、契約後の処理には注意してください。

奨学金の返済を滞納すると学生のキャッシングにおける信用情報が悪化する?

奨学金制度には大きく分けて2つの種類があります。

  • 返済の必要がある「貸与型」
  • 返済の必要のない「給付型」

です。後者は審査が厳しく採用数が少ない為、奨学金制度の多くが貸与型のものを利用しています。尚、貸与型の奨学金の中でも、

 

 

返済の際に利息の付くものと付かないものに分けられます。


奨学金制度は大学や自治体、民間団体などが提供しているが、

文部科学省所管の独立行政法人として日本学生支援機構(JASSO)があります。

奨学金制度を利用するには、成績、家庭の経済状況、健康状態などの審査を受ける必要がありますが、JASSOの奨学金は他に比べ採用枠が多いため、相対的に奨学金が受けやすいと言われており、利用者が多いというのも特徴です。

JASSOの奨学金とは?

JASSOには貸与型・給付型の両方の奨学金制度が存在するが、

  • 給付型は海外留学の場合のみ適応
  • 国内で進学する場合には貸与型の奨学金しか受けられない

また、その貸与型の採用枠のほとんどが返済の際に利息が付くタイプの為、行政の所管団体による奨学金制度とはいえ、

 

 

その実態は学生ローンと大差がないとの批判も多いのです。


JASSOの奨学金の返済について

JASSOは債権の回収を民間の業者に依頼しており、電話、文書、自宅への訪問などにより返済の催促を行っています。また、JASSOは平成20年から信用情報機関の全国銀行協会連合会に加盟している為、JASSOの奨学金返済の滞納もブラックリストに入ります。

JASSOの奨学金返済を3か月以上滞納するとブラックリストに入り、延滞が解消されてもそこから5年間はブラックリスト入りしていたという記録が残ってしまうのです。

さらにJASSOには年10%の延滞金を支払わなければいけません。ブラックリストに載ってしまえば、クレジットカードを作ったり、ローンを組むことが極めて困難になります。社会人になってから奨学金の返済に追われたり、返せずにブラックリスト入りしたり、

 

 

貸与型を利用している以上、返済義務が発生することを強く意識しなければならない


という事です。貸与型の奨学金にまつわるトラブルは後を絶ちません。制度に対する批判も大きくなっていますが、貸与型の奨学金制度を利用する際は利用者自身が借金をするという自覚を持ち、慎重にならなければいけません。

未成年はキャッシングが駄目ならクレジットカードで

未成年者がクレジットカードで買い物なんてするべきではないと考えてしまいますが、18歳以上であればクレジトカードを所有する事は可能となっています。簡単に言えば高校生ではない18歳以上となります。社会人や大学生などが対象となります。

 

 

18歳以上であれば利用可能なのかなぁ・・・


しかし、これに該当する方が全員所有出来るものではありません。20歳まではやはり未成年として扱われるので親や保護者の同意書が必須となります。例え18歳で社会人として収入があってもすぐに同意をしてくれる親等はなかなか居ませんので、

 

 

未成年者の場合は親の同意が必要になります。


何故所有したいのか納得してくれる理由が必要となってきます。18歳以上で大学生等の学生であってもクレジットカードの所有は可能ですが、社会人の方より審査は厳しいものと考えるべきです。何故なら安定した収入の確保が困難だからです。

未成年者が利用するキャッシングやクレジットカードの壁

いくら親の同意があり同意書を提出しても名義になっている人自体に収入がなければ審査の通過は厳しいと考えるのが当然です。しかし、学生だけに与えられる学生の為のクレジットカードも存在しているのです。それが学生専用クレジットカードです。

 

 

未成年者で親の同意を得ても利用できない場合もあるのでは・・・


発行元の会社は顧客をより増やす為、将来に顧客になるであろう学生に対して発行するのです。勿論、未成年の場合は親の同意や保証人が必要となりますが、大学や専門学校に子供を通わせられるだけの所得を得ている事が審査の大きな基準となっているので

 

 

通常のクレジットカードよりもハードルが低いと予測できます。


社会人や学生がクレジットカードを利用する事は可能な事ですが、自分や保護者がしっかりと使用金額を把握しなければならないので、安易な使用は危険なものへと繋がってしまいます。また、キャッシングの場合は20歳以上の条件が殆どの為未成年は利用できません。

学生専門のキャッシング業者一覧

学生ローン・カレッヂ

利用できる学生 4年生の大学生・大学院生・短大生・専門学校生・予備校生の方で、学生証の他、運転免許証・保険証等、身分証の提示可能な方
金利 実質年率 17.00%
融資可能額 1,000円〜50万円
融資方法 銀行振込・店頭・店頭ATM
特徴 在宅確認・アルバイト先への在籍確認は基本なし
所在地 東京都新宿区高田馬場2-17-1 伊勢浪ビル305号
貸金業者登録票 東京都知事(11) 第01345号

学生ローンのマルイ

利用できる学生 大学生・大学院生・短大生・専門学生・予備校生等で安定した収入のある学生
金利 実質年率 15.0%〜17.0%
融資可能額 最高50万円
融資方法 振込融資・店頭
特徴 親の承認不要
所在地 東京都新宿区高田馬場2-19-7 タックイレブン603号
貸金業者登録票 東京都知事(7) 第16492号

学生ローンのアミーゴ

利用できる学生 20歳以上の安定した収入と返済能力を有しアミーゴの基準を満たす方
金利 実質年率 14.40%〜16.80%
融資可能額 3万円〜最高50万円
融資方法 振込融資
特徴 コンビニでATMからいつでも利用できる
所在地 東京都新宿区高田馬場4-9-10 鈴木ビル4階
貸金業者登録票 東京都知事(3) 第31342号

学生ローンのイー・キャンパス

利用できる学生 20歳以上の安定した収入と返済能力を有しイー・キャンパスの基準を満たす方
金利 実質年率 14.5%〜16.5%
融資可能額 50万円以内
融資方法 振込融資
特徴 学生証と免許証を提示できる方は年利16.0%
所在地 東京都新宿区高田馬場3-4-16 MKビル4階
貸金業者登録票 東京都知事(5) 第25002号

学生ローンのヤングローン

利用できる学生 20歳〜34歳までの学生の方で学生証と(運転免許証か保険証)を提示できる方
金利 実質年率 16.80%
融資可能額 50万円まで
融資方法 振込融資
特徴 ゆうちょ銀行なら15時以降も即日融資可能
所在地 東京都新宿区高田馬場4丁目9番10号鈴木ビル3階
貸金業者登録票 東京都知事(8) 第14855号

学生ローンのベル

利用できる学生 大学生・大学院生・短大生・専門学生・予備校生等で安定した収入のある学生
金利 実質年率 15.0%〜17.0%
融資可能額 50万円まで
融資方法 振込融資
特徴 最短20分融資
所在地 新宿区高田馬場4-8-9 静香ビル2F
貸金業者登録票 東京都知事(10)第07526号

学生のカードローンでの借入体験談

 

今から約3年ほど前の平成26年のことです。私は、大学3年生のときのことです。私が通っていた大学は田舎にあり、娯楽と言うものがほとんどなく、近くにある数件のパチンコ店が唯一の娯楽といっても過言ではありませんでした。

 

そのため、ほとんどの学生が、パチンコ店に通い詰めていました。私もその中の一人でした。バイトしては給料日にパチンコに行くというのが習慣化されていて、勝ったときは良いのですが、大抵の場合は負けて気がつくと生活費が足りなくなると言うこともありました。

 

そこで、生活費が厳しいときに一度だけ、審査がそこまで厳しくないと教えてもった、アコムに申し込みお金を借りることにしたのです。申し込んだ額は10万円でしたが、親の仕送りとバイト代で返済可能と当て込んでいました。結果、審査に通りお金を借りることが出来たのですが、自分の心の弱さが仇になり、再びパチンコで半分以上を失ってしまったのです。

 

さすがに、これ以上借りると返済が厳しくなると思い、断腸の思いでパチンコからしばらく足を洗い、バイトで返済をするようにしました。私の友人も同じように借金をしてしまい、それでも尚パチンコをやめることが出来ず、最終的に大学を辞めてしまった人も居ました。

 

今思えば、パチンコをしなければ借金をすることもなく、バイト代を貯めておくこともでき、貯金100万円以上も夢ではなかったと思います。それ以来パチンコから遠ざかった生活を送るようにしていますが、ギャンブルはしても、どこかで冷静な自分を持つように気をつけています。

 

大学2年の夏頃に高田馬場の学生ローンで20万ほどお金を借りたことがあった。理由は今でもあるのかもしれないけどネットワークビジネスを始めるための商品購入代だった。事の発端は別な大学へ行った予備校で仲良かったヤツから久しぶりに連絡がきて会ってみたら、身なりが変わっててやたら羽振りが良くなってたんだ。


 

学生のはずなのにどーしてか問いただしてみるとどうやらネットワークビジネスでお金を得ているとのことだった。やり方は簡単。自分の周りの友達に同じように話を進めるだけ。この時はやるともやらないとも決めてないが、しばらくそいつと遊んでるうちに同じネットワークビジネスをしている仲間の飲み会に参加した。

 

彼らのほとんどは学生。その割に高そうなお店でみんな楽しそうに飲み会をしている。一瞬で羨ましくなった。そして加入を決意したんだが、どうやら加入をするにはまず商品を買わなきゃならないとの事。コースは2つで40万コースと20万コースだった。貧乏学生に10万を越えるお金はなく、勧められるがままに学生ローンに向かいお金を借りた。

 

実に簡単に借りれた。必要事項と保証人の情報を記入するだけ。この保証人というのが、自分の肉親以外の第三者の情報を記入するのだが、当時の自分は本人に相談せずに親戚の名前を書いてしまった。そして現金を手に入れ挑んだネットワークビジネスは失敗し、よくわからん商品と20万の返済だけが残った。

 

利息しか入れない時もあったが、借りたお金は最終的に自分のお金で全額返済して終わった。もし返済が出来なかったらかなり大変な迷惑をかけることになっただろう。ここでお金を他所から借りようとしている方に注意、そのお金は本当に必要な金かどうかを良く考えた方がいい。また保証人を立てる際はちゃんと相談するべきだ。


更新履歴