ハマってしまったパチンコから脱却する方法

私の経験上、学生に限らずパチンコにハマる方には3通りのパターンがあります。

 

 

  1. パチンコのゲーム内容が面白くてハマってしまった。
  2. 負けた分を取り戻そうとしてハマってしまった。
  3. 勝った時の快感が強くてハマってしまった。

パチンコのゲーム内容が面白くてハマるケースの場合

ゲーム性そのものにハマっている状態なので、パチンコ店に行かなくても楽しめる方法を探してください。例えばメーカーのホームページで遊ぶことができるケースもありますし、簡易的なゲームとして遊ぶこともできます。

 

 

結構、面白かったけど負けたら面白くないんだろうなぁ・・・


単純にゲーム性にハマってしまった方は、とにかくパチンコ店に行かないようにしてください。また別の娯楽を探すという手もありますので、とにかくパチンコから離れるような生活を送るよう心掛けてください。

負けた分を取り戻そうとしてハマるケースの場合

深刻なケースですが、経済的負担を理解している分、抜け出せる方法があるでしょう。株式投資の世界でも、含み損が拡大していくのを防ぐため、上がり目の無い株をさっさと売却してしまうことがあります。

 

これを「損切り」と言うのですが、将来的により多くの損失が発生すると見込めば、傷が浅いうちに手放すことでチャンスを増やすのです。パチンコも同じです。負けが負けを呼び込むケースは往々にしてあるもの。自分だけは勝てると思いこまず、

 

 

利益があるうちに止めるのが得策かもなぁ・・・


ダメならダメでさっさと見切りをつける勇気も必要です。多額の借金を背負ってしまっては人生も台無しにしますよ。

勝った時の快感が強くてハマるケースの場合

最も深刻です。私にも経験があるのですが、仮に10万円を損していても5万円儲かると「自分は勝っている」と勘違いしてしまうんですよね。さらに深刻なのは、もはやパチンコ台の前に座った瞬間に我を忘れてのめり込んでしまうケースです。

 

 

ヨシッ、また稼がせてもらうかぁ!


こうなるとギャンブル依存症という病気の可能性もあります。専門の医師がいますので、自分の力だけではどうにもならないと感じたらそういうったところに助けを求めることも必要です。パチンコも

 

 

ほどほどであればレジャーとして楽しめる


ものになります。しかし店やメーカーはほどほどでは儲けが少ないのを理解しています。パチンコ店の店員が何故あれほどまでに給与が高いのか?パチンコメーカーの社長になぜ馬主が多いのか?これを考えれば自ずと

 

 

パチンコは簡単に勝てるものではない


と理解できます。また簡単にできる改善方法として、スマホでも何でも良いのでその日の収支を明確に書き出してください。月にどれくらいの損失を出しているのか目視できれば、それだけでも抑止力になりますよ。